ノートと電卓

kubernetesの導入を成功させるためには

複数のアプリを運用する場合、個別に定期的なアップデートや不具合などのチェックや対応をするのはとても労力がいる事です。限られた人数で運用を行っているチームやオフィスなどでは、全ての業務に手が回らないということもあるでしょう。そういった問題を解決してくれるのが、OSSのkubernetesです。kubernetesは、単体アプリが独立して動作できるコンテナを自動で管理・運用する機能を持つオープンソースソフトウェアです。
kubernetesにはコンテナの管理だけでなく、不具合の自動修復や自動アップデート機能などがあり、非常に便利でこれまでの業務を大幅に効率化してくれるソフトです。
しかし、新規導入をするのであれば、職場の動作環境や業務内用に合うのかどうかという不安もあるでしょうし、kubernetesに対する知識が豊富な従業員や担当者がいない、という問題もあるかと思います。そのような場合は、OSSの開発を行っている専門会社に相談してみましょう。ほとんどの専門会社が、kubernetesを始め、取り扱っているOSSのデモを操作させてもらえます。操作方法の知識が全くない場合でも、専門の担当者がソフトのしくみや操作方法などを分かりやすく教えてくれるので安心です。

kubernetesを利用したコンテナ型仮想化技術

仮想化技術が進む中で、特に今後の主流として注目されているのが「コンテナ型仮想化技術」です。この仮想化技術を実現する為に利用されているのがOSS(オープンソースソフトウェア)のkubernetesです。更に、この技術ではOSレベルの仮想化が可能なOSSを使用します。このOSSはアプリケーションやライブラリー等を含めた実行環境そのもので、kubernetesはこのOSSに対する管理を行います。kubernetesの特徴は、サーバー(以下ノード)群を物理的ではなく仮想的にクラスターとして扱い、メンバーノードに対してOSレベルの仮想化を実行させる事にあります。
その為に各ノードの負荷や稼働状況を常に把握しており、負荷分散を考慮してコンテナを投入すべき実行ノードを決定します。さらに、投入されたコンテナの稼働状況も監視しており、もしコンテナが停止してしまっても再実行させる機能を持っています。かつての負荷分散方式では、アプリケーションが稼働出来る環境を全メンバーノード側で用意しておく必要がありました。しかし、コンテナ型仮想化技術ではそれ自体が実行環境を持っている為、大量サーバー環境にも適した技術です。

kubernetesはソースコードが公開されている

オープンソースソフトウェアはライセンス無償で誰でも自由に使用できる上に、ソースコードが公開され、そのコードを自由に改造することが可能です。新たにソフトやアプリを開発する場合、最初から全てのコードを各必要がありますが、OSSなら既に完成されているソースコードを改造するだけで良いので、時間短縮や効率化、コスト削減などに繋がります。それだけでなく、OSSには更なるメリットがあります。
OSSにはたくさんの種類があり、その各ソフトの機能が業務内容や職場の動作環境に合っているかは導入する上での大切なポイントですが、もし後々使いづらさを感じるようなことがあれば、理想的なものに改変することが可能なのです。また、実際にソースコードを確認でき、それを改変する作業に当たるということは、担当者やエンジニアのスキルを大きく引き上げてくれる可能性があります。OSSの中でも高い機能を持ち注目を集めているkubernetesもまた、ソースコードの公開・改変が可能なソフトです。他のOSSと比べるとしくみや概念などが少し複雑なkubernetesですが、kubernetesのソースコードを知ることができれば、効率的に理解や知識を深めることが可能でしょう。

OSSの中で比較的複雑なkubernetesをシステム開発に取り入れる時は【デージーネット】に相談してみましょう。こちらのコンサル会社ならきっと有益なアドバイスをしてくれるはずです。

タイピング

自由度の高さで人気のkubernetesをダウンロードする前に

ソースコードを見ることができるだけでなく、より使いやすく加筆修正をしたり、ソースコードを元に開発したアプリを再配布したりすることができることで人気となっているソフトが、オープンソースソフトウェアです。ダウンロード後に自由な使い方ができることがOSSの特徴ですが、どこまで自由になるかはソフト次第となります。OSSがそれぞれ設定している規約などを破る形になると、トラブルの原因となるため、ダウンロードをする前には利用許諾条件に目を通しておくことが大切です。利用許諾条件の内容は、どのOSSでも変わらないと考える人もいるでしょう。しかし、OSSによってどこまで改変が可能か、そして再配布をする時に守るべき条件があるかなど細かい違いがあります。利用許諾条件はダウンロード前に読めるようになって…

安くアプリ開発をしたい時にもkubernetesを活用

アプリ開発にかける手間や時間を削減したいという場合は、既存のソースコードを活用することが有効ですが、ソースコードというのは知的財産の一つとなるものです。そのため、使用をするためにはライセンス料の支払いを求められることは少なくありません。そんなライセンス料を支払うことなく、手軽に信頼性の高いソースコードを使いたいという場合は、オープンソースソフトウェアの活用を考えておくと良いでしょう。OSSは、無償でダウンロードをすることができるだけでなく、ライセンス契約やライセンス料の支払いも必要ありません。そんなOSSを活用すれば、アプリ開発にかかるコストを大幅に削減することができます。さらに、ライセンス料が必要ないなどただ手軽に利用できるだけでなく、信頼性の高いソースコードが多く公開されて…

アプリの安定性にこだわるのならkubernetes

一からソースコードを書いて、ソフトやアプリを開発していく場合、安定して動く状態にするだけでも莫大な手間と時間が必要になることは少なくありません。そんな手間のかかる工程を省きたいという場合に有効な方法が、安定性の高いオープンソースソフトウェアを活用することが有効です。OSSの魅力は、エンジニアや企業が時間をかけて開発した安定性の高いソフトを無償でダウンロードできることです。動作性や安定性に問題があるソフトを公開し配布をすれば、エンジニア自身や企業の信頼度にも影響を与えることになります。それだけに、OSSとして公開されているソフトは、安定性までしっかりと確認されたものが多くなっています。そんな安定性にまでこだわったソフトを元にすれば、動作の安定性で悩むこともなくなるでしょう。…

kubernetesを始めとするOSSの概要について

オープンソースソフトウェアの最大の特徴は、ソフトウェアのソースコードは一般に公開されており、商用としても利用可能で修正出来る所にあります。通常、商用のソフトウェアを開発する際、プロジェクト化し数十人体制で役割分担を決めてから作業を進める必要があります。しかしOSSとして公開されているソフトウェアの中に、同じ機能を持ったものが存在する場合には、最初から開発する必要はなくなります。ただしOSSの性質上、不特定多数の使用や第三者により修正されたソースコードが頒布される為、制作元から宣言されている多くのライセンスには無保証と記載されています。更に、利用者がそれらを自ら作成したと偽らない様に定められています。その為、ソースコード内のコピーライトを残した上で、制作元をエンドユーザーに公開し…